トップページ > 新着情報 > 【2018.2】福岡のラジオ放送局、交通安全啓発活動を推進

新着情報

【2018.2】福岡のラジオ放送局、交通安全啓発活動を推進

2018.02.28

福岡のラジオ放送局、交通安全協会と共に交通安全啓発活動を推進


親会社である住友ゴム工業(株)は、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県の各ラジオ局が主催、各交通安全協会が後援する交通安全キャンペーンにDUNLOP(ダンロップ)ブランドで協賛し、3月1日(木)から4月30日(月)までラジオCMを通じて安全運転とタイヤの日常点検、適正空気圧維持を幅広く呼び掛けていきます。

DUNLOPの創業者であるJ.B.DUNLOP(ジョン・ボイド・ダンロップ)が空気入りタイヤを1888年に実用化してから今年で130周年を迎えます。
タイヤは適正な空気圧を維持することで本来の性能を最大限に活かすことができるため、タイヤの適正空気圧維持を通じた交通安全を積極的に呼び掛けています。その啓発活動の一環で、各放送局と共に当キャンペーンを実施します。キャンペーンでは春のドライブ時期に合わせ、ラジオCMを通じて安全運転とタイヤの日常点検や適正空気圧維持をドライバーに呼び掛けます。

<福岡>
名称:RKBラジオ交通安全キャンペーン
主催:RKB毎日放送株式会社
後援:一般財団法人福岡県交通安全協会
詳しくは住友ゴム工業(株)公式WEBサイトにて⇒コチラ

このページの先頭に戻る